ハロウィンの過ごし方と意味や由来を調べてみた!

みなさんは、ハロウィンと聞いて何を連想しますか?

ハロウィンパーティやかぼちゃを目や口にくり抜いて作る、ランタンや魔女など色々なイメージがあると思います。

でも、ハロウィンだといって何をすればいいのか、わからない方も多いと思います。

若い方はパーティーやみんなで遊んだりしていますが、

歳をとるにつれそういったこともなくなり、一体みんなハロウィンに何をしてるのか疑問に思う方も多いと思います。

そこで、今流行っているハロウィンの過ごし方や意味や由来を調べてみました。

ハロウィンの過ごし方!

1.ハロウィンの仮装やハロウィンメイクを楽しむ

ハロウィンの醍醐味といえば、仮装やメイクです。

コスプレする趣味はないという方でもこの日は仮装する日ともいう日ですから、沢山の方が仮装します。

仮装の種類は、魔女やおばけ、フランケンシュタインやドラキュラなどかわいい仮装ではなくて、怖いや不気味な仮装をするのが定番です。

ですが、それはちょっとという方は、可愛い魔女やなにかのキャラクターなどでかわいく仮装を楽しむ方もいらっしゃいます。

メイクは、ホラー映画のゾンビのメイクみたいな、本物に近いメイクが人気です。

一度はどこかで見たり、テレビで見たことある方もいらっしゃいます。

それを見て、難しそうなど思う方が多いと思いますが、YouTubeなどの動画サイトでメイクのやり方が載ってあったりするので、真似してみてやると案外できるかもしれませんよ。

 

2.ハロウィンパーティーに行く

その、化粧と仮装が完成して家の中でじっと篭っておくのはもったいないです。

どこかへ行かないとハロウィンらしくありません。

でも、どこへ行く?と具体的な場所が思いつきません。

そういう時はハロウィンパーティーのイベントをしているところを探します。

様々な飲食店やバーなど、毎年ハロウィンになるとハロウィン仕様のイベントや

仮装をした人で溢れかえったりします。

仮装してメイクしてるの恥ずかしいと思う方も多いと思いますが、そういう場所に行くと同じような格好をしてる人達がいるので、安心です。

いつもとは違う非日常感を味わい、普段の生活を忘れ一日ぐらいはっちゃけて楽しみましょう。

ハロウィンの意味って?

まずそもそも、ハロウィンってなんであるのか?と思う方が多いと思います。

クリスマスはイエスキリストの誕生日で12月24日になったら、キリストの誕生日を祝う日と決められてます。

なら、ハロウィンって誰かの誕生日なの?っと思う方も多いかもしれません。

もともと、ハロウィンはイエスキリストが関係していて、キリスト教の祝日と言われている万聖節の前夜のお祭りで、毎年10月31日に開催されます。

昔の10月31日は収穫を祝う、収穫祭が開催されてました。

しかし、この夜の日には、死者の霊がやってきて悪霊が悪さをすると言い伝えられてます。

ですので、この収穫の祝いをすると同時に、悪霊を追い払う行事も行なっていました。

英国版では、子供達がtrick or treatとという言葉を言いながら仮装をして近所の家を周り、お菓子をもらうことで有名です。

Trick or treat の日本語訳は「お菓子をくれないといたずらしゃうぞ」という意味で、この言葉が合言葉になってます。

各家が子供達にあげるお菓子を準備して、楽しみに子供達の来客を待ってます。

ハロウィンのかぼちゃの由来は?

ハロウィンに欠かせないのは、かぼちゃに目や鼻をくり抜いたランタンです。

そのかぼちゃの中にランプをいれて飾ってあると思います。

ですが、なぜそのランタンをハロウィンの時に飾るのでしょうか?

理由も知らず、なんとなく飾ってらっしゃる方も多いと思いますので、ご説明させていただきます。

さきほどの文に書いてあるように、ハロウィンは作物を悪霊から追い払うために、仮装やランタンを飾ったりして、ハロウィンを過ごします。

こういった儀式と「ジャック・オー・ランタン」の伝説が交わり、ランタンが飾られることが支流になりました。

元々は「カブ」をくり抜いて中に蝋燭を立てて火を灯していましたが、「ジャック・オー・ランタン」の話がアメリカに伝わったのち、アメリカでは、生産が多かったカボチャのランタンに変化していったのです。

イギリスのスコットランドでは現在もカブ(ルタバガ)が使われています。

日本には、アメリカのかぼちゃの方が伝わり、ハロウィン近くなると、ランタンの商品がとても人気になります。

 

まとめ

ハロウィンはもともとは、キリスト教や昔の魔除けなどが組み合わさりできたものです。

それが、今も継がれていて10月31日はハロウィンの風習が根付いてます。

ハロウィンは経済効果が期待されるので、イベントを設けたり、ハロウィンの仮装グッツや部屋の内装の商品、ハロウィンにちなんだものを売ったりして、儲けを得たりしてもいます。

そして、年々ハロウィンは注目されていき、ますますの経済効果が上がると思われてます。

ですので、試行錯誤して年々新しいことをしたりしてもっともっと、日本のハロウィンは発達していきます。

去年のハロウィンの日は参加しなかった、など特に何もせず普通に過ごしていた。と思う方も多いと思いますが、毎年行われるハロウィンの情報などをキャッチして、自分にあったハロウィンの日を満喫していただきたいです。